人事の本音 1 アマゾンジャパン、カシオ計算機、東洋鋼鈑、日本IBM

  • 対象: 全学生
  • 参加: 予約不要
  • 内容: 「志望動機」「学生時代頑張ったこと」「自己PR」は面接の3大質問と言われていますが、この質問から面接官は何を判断しているのでしょうか?企業・団体で実際に面接官として選考にかかわっていらっしゃる方をお招きし、選考場面で見ているポイントやこんな回答はうれしかったorちょっと困った等、これまでの経験や感想をざっくばらんにお話いただきます。

面接官の所属する企業・団体:アマゾンジャパン、カシオ計算機、東洋鋼鈑、日本IBM

● アマゾン・ジャパンってどんな会社?
『地球上で最も豊富な品揃え、最もお客様を大切にする企業』 アマゾンはeコマースにおける世界的なリーディングカンパニーです。「地球上で最も豊富な品揃え」、そして「地球上で最もお客様を大切にする企業であること」という企業理念に共感できる方を募集しています。

● カシオ計算機ってどんな会社?
『カシオの果たすべき最大の役割=従来にない斬新な製品の創造〔0→1〕世界が気づいていない、世界へ』 斬新なアイデアと技術力で世界中の人々に驚きと感動を提供している会社です。あなたも世界を舞台に活躍しませんか?製品例:G-SHOCK、EX-word”

● 東洋鋼板ってどんな会社?
『世界の鉄鋼業で類を見ないビジネスモデルの会社を目指します』 日本で民間初の「ぶりきメーカー」として「鉄」とともに歩み続けて80余年。培った固有技術を下地に非鉄や樹脂といった新分野にも活躍の場を広げ、世界の鉄鋼業で類を見ないビジネスモデルの会社を目指しています。

● 日本IBMってどんな会社?
『Be essential. 新しい時代の主役になりませんか?』 IBMは世の中の困難な課題をITで解決しています。IBM Watsonを中核とするコグニティブ・ソリューションと、それを支えるクラウド・プラットフォームによって、お客様の成功を力強く支援しています。

  • 講師: i4(アイフォー)伊藤篤志