各種情報

インターンシップ

インターンシップについて

 インターンシップは内定に有利か?

入社後のミスマッチを防いだり、就業観育成のために多くの企業がインターンシップを開催するようになってきました。「インターンシップに参加できなかった(選考に通らなかった)から、この会社はもう駄目だ」とあきらめてしまう人もいるのですが、世の中そんなに簡単にはできていません。そもそもインターンシップに参加できる人数は、採用予定数に比べればほんの一握りです。インターンシップに参加した学生だけで採用枠を埋めることは不可能ですし、中には 「意外にこの会社は面白くなかった」と、インターンシップに参加してもその会社への志望度が低くなる人もいるのです。ですから決して焦る必要はありません。

ここで、インターンシップの意義をもう一度考えて見ましょう。企業がインターンシップを導入した背景には、離職年齢の低下があります。「思っていたほど仕事が面白くない」「やりたかったことが何もできない」などの理由で辞めていく若い人が年々増えているのですが、これは求職側の理解不足にも原因があるといわざるを得ません。このミスマッチを解消するために就職活動本番前に、社会や仕事に実際に触れてもらおうという趣旨で始まったのが日本型インターンシップなのです。ですから皆さんも「企業に気にいってもらおう」とか「内定へのパスポートをもらおう」といった近視眼的な動機で参加するのではなく、世の中や会社について知らないことを吸収し、将来の自分をイメージする材料にするという本来の目的を忘れないで、こういう機会を利用するように心がけてください。

ただ残念ながら、インターンシップ本来の目的が失われ、中身はただの企業説明会に過ぎなかったりするものがあるのも現実です。一日や二日間程度で実施されるインターンシップでは、企業のPRだけで精一杯ではないかと思われます。参加して損になるわけではありませんが、もっと社会性や就業観を涵養できる活動のほうが有用なのではないでしょうか。仕事に対する視野を広く持つことを目標にインターンシップの参加や種類を決めましょう。

京都大学でのインターンシップの取り扱い

  • 企業・団体が公募しているもの(個人応募・自由応募型)
    企業に直接申し込んでください。公募情報はキャリアサポートルームのホームページで案内しています。自分の行きたいインターンシップが個人応募できるのか、大学を通して応募が必要なのかは企業・団体のホームページ等で各自確認してください。
  • 大学取りまとめが必要なもの
    官公庁や一部企業のインターンシップは学校で取りまとめが必要だったり、学内選抜があるものがあります。これらのインターンシップについてはKULASISに掲載しますが、所属部局の掲示板や所属部局からの案内も各自チェックしてください。申し込みは、所属部局の教務掛で行い、大学での取りまとめはキャリアサポートルーム(学生課学生支援掛)が行います。
    【国内インターンシップ支援について】
    大学から機関として派遣を決定した学生に対し、中長期(15日以上)インターンシップにおける自己負担分(日当・宿泊料・交通費等)の一部を支援金として支給する制度があります。詳しくは所属する学部・研究科の教務掛にお尋ねください。
  • 大学コンソーシアム京都を通して参加するもの
    京都大学は大学コンソーシアム京都の加盟大学です。
    以下のサイトを参照して、各自で申し込んでください。
    大学コンソーシアム京都
  • 各専攻内で行われるもの
    一部の部局では、専攻によって授業の一環として行っている場合があります。これについては担当の事務や教員と相談をしてください。

インターンシップでのトラブル

  • 怪我・病気、損害賠償責任など
    インターンシップ先や通勤途中で事故を起こしたり、病気にかかったり、インターンシップ先で物を壊したりする場合が考えられますので、学生教育研究災害傷害保険(学研災)および学研災付帯賠償責任保険(付帯賠責)に必ず加入しておいてください。個人応募のインターンシップに参加する場合は、「インターンシップ実習届」を所属学部・研究科の教務担当窓口に必ず提出してください。提出のない場合は、学研災および付帯賠責は適用されません(提出しても適用されないことがあります。詳しくは教務担当窓口で相談してください)。
    インターンシップ時の事故に対応する保険(生協の学生賠償責任保険等)に加入している方は、インターンシップの受入先が付帯賠責への加入を条件としている場合を除き、新たに付帯賠責への加入および実習届の提出は必要ありません。インターンシップ受入先の要件を十分に確認のうえ、遺漏のない保険加入手続きを行ってください。
    留学生については、平成27年10月入学者より「生協の学生賠償責任保険」に全員加入するのが原則ですので、実習届の提出は必要ありません。

  • 情報の漏洩など
    インターンシップの内容によっては、企業でインターネットやイントラネットにアクセスする場合があります。また、貸与されたパソコンの中に重要な企業情報が含まれている場合があります。くれぐれも情報の保護には気をつけ、資料やデータの持ち出しなどをしないように徹底してください。もし違反した場合、膨大な損害賠償を課せられるばかりで はなく、以後その企業では京都大学生のインターン受け入れを中止される恐れがあります。絶対に機密情報には接しないようにしてください。
  • セクハラなど
    もし受け入れ先企業で「社員にしてやるから」とか「便宜を図ってやるから」と言われて嫌がらせを強要されるようなことがあった場合は至急キャリアサポートルームに連絡してください。

インターンシップ情報(個人応募分)

大学、学部等を通じて応募するインターンシップ情報は、KULASISおよび所属学部・研究科等の掲示情報を確認してください。
キャリアサポートルームでも企業等から掲載依頼のあったインターンシップの内、一定の条件を満たしたものを以下のページに掲載しています。

インターンシップ情報(個人応募分)