教職員の方へ

障害のある方の受験に関して

学部入試の場合

障害などの理由により入学試験における配慮を希望する場合は、「受験上希望する特別措置(※入学者選抜参照)」を志望する学部へ申請することになっています。この時点では、基本的に受験上の特別措置をご判断いただくことになりますが、同時に、合格した場合の修学支援についても、念頭においていただくことが必要です。
 合否がわからない段階で、具体的な修学支援を検討することは難しい部分がありますが、少なくともどのような支援が必要になるかを把握しておくことで、合格(入学)した場合の対応がスムーズになります。修学支援は障害の種類や内容、さらには修学環境によって異なりますが、それらの状況によって支援の準備に時間を要する場合があります。また、入学当初は入学式等の行事や各種ガイダンスがあり、非常に重要な情報収集・手続きの期間となります。この時期に、ある程度の支援が整っていることは、大学生活をスムーズにスタートさせるために不可欠であるため、出来る限り早い情報共有、そして修学支援の実施にご協力ください。

大学院入試の場合

大学院の入試は、研究科ごとに実施時期や試験方法が大きく異なります。特別措置の申請に関しても、研究科ごとに定められたルールがあります。
 受験上の特別措置の実施にあたっては、学部入試での判断基準が参考になりますが、試験方法が大きく異なるために必ずしも同様の対応にならないことがあります。特別措置の実施は、最終的には研究科ごとに判断していただくことになりますが、判断が難しい場合や特別措置の実施にあたってのノウハウに関してのご相談は随時受け付けておりますので、必要に応じてご連絡ください。
 また、大学院入試の場合、合格発表の時期も様々です。合格(入学)が決まった場合は、まずは出来るだけ早い時期に本人と相談の機会をもつようにしてください。

障害のある学生の入学~修学支援

障害のある学生が入学した場合、まずは学生本人と連絡をとっていただき、支援等の要望を確認してください。支援ルームのスタッフが同席することも可能ですので、必要に応じてご連絡ください。
 大学に進学する障害のある学生の一部には、自らで支援の必要性や方法を認識できていないケースも少なくありません。とりわけ、高等学校までの教育方法やシステムと大学におけるそれらは異なる点が多く、学生本人も自らの障害が大学でどのように影響してくるのかがわからない場合があります。このような場合は、過去に同じような障害のある学生がどのように学修・研究していたのかを情報提供することも可能です。
 修学支援は、あくまでも学生本人からの申し出により実施されるものですが、初めて体験する教育環境のなかで、自らのニーズを適切に認識し、さらに大学側に伝えるという作業は簡単なことではありません。障害のある学生が入学した場合は、このような状況も想定して相談等をすすめるようにしていただければと思います。

 大学における修学支援(修学上の特別措置)は、「合理的配慮」という考え方に基づいて実施することになります。“合理性”とは、それぞれの障害に応じた合理性というよりも、個々の状態と環境との相互関係における合理性だと言えます。つまり、修学支援の必要性や実施方法は常に変化するということも想定し、柔軟に考える必要があります。
 障害学生支援(障害のある学生への修学支援)とは、単位取得や卒業を目標にするのではなく、多くの学生と同じように教育あるいは研究環境を保障するものです。ただし、そのためには多くの学生とは異なった、個別の特別措置が必要であり、多様な修学支援を実施することが求められます。もちろん、「合理的配慮」の検討や実施にあたっては、支援ルームとしてもサポートしていきますが、指導にあたられる先生方の能動的な関わりがなければより良い支援を実現することは困難です。是非、ご理解とご協力をお願いいたします。

 各種支援の例については、「支援ルーム案内」のページをご参照ください。具体的な修学支援の検討の際には、ご担当教員及び教務系の事務職員の方などで情報を共有していただき、支援ルームへご連絡いただきますよう、お願いいたします。