KIZUKIプロジェクト

ひろがるアクセシビリティポスター

Campus Accessibility to Social Accessibility

イラストの上にカーソルを合わせると拡大して見ることが出来ます
キャンパスライフの課題や、誰かの優しさを見つけてみましょう

ひろがるアクセシビリティポスター
つながる、つづける
みんながアクセスできるキャンパスをめざしています
あ!ここ、いけない!
学びやすいキャンパスに必要なことは何でしょうか
う〜、こまった!
あたりまえのことも、意外と困るものです
みんなのサポート
みんなにも学生生活で出来ることがあります

キャンパスライフに潜むあんなことやこんなことに、少しでもきづいてもらえたら。 そんな想いがつまったポスターができました。きづきの輪がひろがることを願って。

多様な人々と共に、学び合えるキャンパスヘ

大学のキャンパスは、学びたい人にひらかれています。この場所は多くの人が集うことができ、多様な人々が学び合える環境であってほしいものです。構内や建物をスムーズに移動できること、情報を個人が利用しやすい形で得られること、そして、様々なリソースを有効に利用することなどは、そのような環境づくりの基礎であるといえます。何もハード面のことだけではありません。みんなの意識がその環境をつくりだすのです。

ポスター配布しています

障害学生支援ルームでは、このポスターを配布しています。各310mm角サイズ(ユニークな正方形ポスター)の4枚セットですが、掲示スペースが少ない場所でも1枚から貼ることができます。

障害学生支援ルームへのアクセスはこちら

学生サポーター募集

障害のある学生の修学支援を担う学生サポーターを募集しています。京都大学でともに学ぶ学生として、ともに学べる環境作りへのご協力をお願いします。 興味のある方は、障害学生支援ルームまでご連絡ください。

詳しくはこちら