障害学生支援ルーム案内

障害学生支援ルームとは

障害学生支援ルームの役割

京都大学における障害学生支援の拠点として、障害があるなどの理由により、修学上何らかの支援が必要な学生の相談に応じ、学習・研究上の必要に応じた修学支援 (教育上の合理的配慮)を行っています。
専任のコーディネーターを配置し、所属学部・研究科等や学内外の関連機関等と連携しながら支援を実施します

<主な役割>
  • ・障害のある学生の授業保障や学生生活をおくる上での支援・相談
  • ・障害のある学生をサポートする支援学生の養成・派遣
  • ・支援に関連する部局や教職員との連携
  • ・支援物品、関連図書の貸出
  • ・支援ノウハウ、情報の蓄積
  • ・支援に関する各種講座等の開講
  • ・フリーアクセスマップの作成・配布 など

修学支援について

障害学生支援ルームが行う修学支援(教育上の合理的配慮)は、学生本人及び所属学部・研究科等の申し出により検討し、その必要性が認められた場合、実際の支援に応じています。

<支援の対象と範囲>
対象:
視覚障害、聴覚障害、肢体不自由、発達障害などにより修学上支障がある者
(必要性が認められる場合は、慢性的な疾病や一時的な怪我などの相談にも応じます)
範囲:
講義・実験・実習、行事など必要であると認められる範囲
<支援の内容、方法>

個々の状況やニーズと授業内容等の環境的要因をふまえた専門的な判断により検討します。

※以下は支援の一例です。
視覚障害
資料等の点訳・音訳、対面朗読、ガイドヘルプ、書籍等のテキストデータ化 等
聴覚障害
ノートテイク、PC文字通訳、映像教材の字幕付け 等
肢体不自由
施設・設備の整備、教室変更、介助者の配置 等
発達障害
修学環境の調整、TAの配置 等

Staff紹介

経験豊富なスタッフが対応します。

<障害学生支援ルーム室長>
  • 林 達也(国際高等教育院 教授)
<チーフコーディネーター>
  • 村田 淳(准教授)
<コーディネーター>
  • 大江 佐知子
  • 木谷 恵
  • 吉澤 明日香
  • 専門スタッフ1名
  • 支援スタッフ1名
  • 事務スタッフ1名