疑似Twitterアカウントに関する注意喚起

現在、京都大学のエンブレムを無断で使用し、「京大就活」などの名称を用いたTwitterアカウントの存在が確認されています。これらは、本学及び当ルームと全く無関係なアカウントです。なお、当ルームのTwitterアカウントは@KU_SHUSHOKUです。

学生のみなさんは、これらの疑似アカウントに注意するとともに、個々の情報の発信元を確認してください。また、これらの疑似アカウントに対する個人情報の提供については慎重に判断してください。

就職活動

エントリーシート

エントリーシートとは

履歴書だけでは人となりや志望動機を把握することができませんので、応募の際に採用側が知りたいと思う項目を設定した応募書類のことです。近年では各社の採用ホームページや就職情報ナビサイトの専用ページからインターネット経由で提出するものがほとんどになっています。

企業あるいは応募する職種によって設定された項目はさまざまですが、基本的には

  • 志望動機
  • 学生時代に力を入れたこと
  • 自己PR(自己紹介、長所・短所等)
  • 研究概要(主に自然科学系学部・研究科の学生で研究職・技術職に応募する場合)

といったテーマで400字から1000字くらいで記述するものが多いようです。

採用側はエントリーシートを見て、次のステップ(筆記試験、面接など)に進めるかの判断をします。その判断の材料となるのは、「あなたが

  • どういう人物で(人物)
  • どんな強みや能力、知識・技術を持っていて(能力)
  • 当社で何がしたくて(志望動機)

応募したのか」です。これらが明確に、かつ論理的に記述されているかどうかが評価ポイントです。

よくないエントリーシート

流暢な日本語で立派なことを書けば通ると思っている人が毎年いますが、採用側が知りたいのは等身大のあなたです。きれいごとで繕っただけの記述では相手に何も伝わりません。あなた自身が大切に思っていること、経験したこと、感じたこと、考えたことなどを自分のことばで書くことが必要です。

  • 他の人と書いていることがほとんど一緒(ハウツー本からの流用)
  • どこの企業にも同じ内容
  • 質問に答えていない(ポイントがずれている)

このようなエントリーシートでは、あなた自身を理解してもらうことは難しいでしょう。特に「どこの企業にも同じ内容」には気をつけてください。何社ものエントリーシートを作成する場合は、ある程度の筋書き(テンプレート)を用意しておくことは必要ですが、「当社を志望する理由」の内容が、A社でもB社でもC社でも全く同じということはないはずです。A社、B社、C社のミッション・ポリシー、事業内容、事業計画、求める人材等を十分に理解し、テンプレートをもとにA社用、B社用、C社用のエントリーシートを作成してください。採用側が知りたいのは、「なぜ他社ではなく当社に入社を希望しているのか?」です。

「当社を志望するからには、

  • 他社との違いをあなたなりに理解しているのか
  • その違いがあなたにとってどういう意味で志望先となり得るのか

を教えてください」というのが採用側の要求です。この要求に応えるためには、きちんとした企業研究が欠かせないのは言うまでもありませんが、自己分析に基づいた説得力のある意識形成ができているかどうかも問われます。よくないエントリーシートとは結局のところ、「自己分析と企業研究ができていない」エントリーシートなのです。