ハラスメントについて

京都大学におけるハラスメントへの対応について

大学キャンパスにおけるセクハラ、アカハラ、パワハラについての相談案内です。

もしあなたが、ハラスメントを受けていると感じているなら、一人で悩まず、誰か信頼できる人に相談することが必要です。また、あなたの周囲でそういう事態を見聞きしたという場合も同様です。京都大学では、ハラスメントの相談に有効に応じることができるよう、下図のようなシステムを作っています。

 相談しようとする人は、当該部局のハラスメント相談窓口に相談することも、カウンセリングルームの相談窓口に相談することも、総務部人事課労務管理室の相談窓口に相談することもできます。相談者が、大学としての具体的対応を求める場合には、これらの相談窓口を通して、ハラスメントの申し立てをすることができます。
 これらの相談窓口における相談者からのハラスメント申し立ては、基本的に部局人権委員会において対応されます。部局人権委員会での対処が難しい場合には、法務・コンプライアンス担当副学長(法務・人権推進室)において対応がなされる場合があります。
 全学の人権委員会は、法務・コンプライアンス担当副学長ならびに法務・人権推進室と連携して、ハラスメントの予防・啓発活動、事案の検証などを行います。

 ハラスメントに当たるのかどうかよく分からないというような場合でも、何か気がかりなことがあれば、カウンセリングルームに問い合わせてください。他の相談でもそうですが、相談者のプライバシーには万全の注意を払いますので、安心して相談してください。

(ハラスメントに関する部局相談窓口および全学相談窓口の連絡先や、京都大学におけるハラスメント対応についてのより詳細な説明については、 京都大学のホームページ内「京都大学におけるハラスメントの防止と対応について」のページをご参照ください。)