2019.07.31

【研修/連携促進】「南丹市立美山中学校」〈京都〉にて研修講師を担当しました。

「社会的自立に向けた支援 ー大学における障害学生支援の現場から」
日時:2019年7月31日(水)
場所:南丹市立美山中学校〈京都府南丹市〉
担当:村田淳 京都大学准教授
参加者:保育園、幼稚園、小学校、中学校等の教職員 約40名

目的:
小学校、中学校等の先生方を対象に、大学における障害学生支援の現状を情報提供する。特に、発達障害のある生徒・学生を具体的にとりあげ、必要となる移行・接続のあり方を検討する機会とする。また、大学での支援の状況をふまえて、それぞれの学校種において、必要になる支援の考え方や具体策を検討する。

得られた成果:
大学における支援の現状をお伝えすることで、それぞれの機関において、どのようなアプローチが大切であるかを検討していただく機会になったと考えている。また、事前に質問をうかがい、それらの解説も行ったことで、より参加者の疑問やニーズに応えられたのではないかと考えられる。