2019.09.13

【2019.10.15(火)開催】(情報更新)『インクルーシブなキャンパスづくりのための日米シンポジウム US-Japan Symposium: Toward an Inclusive Campus』

『インクルーシブなキャンパスづくりのための日米シンポジウム US-Japan Symposium: Toward an Inclusive Campus』

マサチューセッツ大学ボストン校 地域インクルージョン研究所(ICI)よりシンポジウムのお知らせが参りました。ICIは「障害学生支援に係るリーダー育成プログラム」の企画団体でもあります。
今回、ご案内するシンポジウムは、日米両国の高等教育機関におけるセルフ・アドボカシーやインクルーシブなキャンパスづくりに関する知見を障害学生支援に携わる皆様と共有できる、大変有益な機会です。多くの方にこのシンポジウムへの参加をお勧めしますと共に、この情報をお知り合いのご関係の方々に広めていただければ幸いです。

>>開催案内はこちら[PDF]
>>ハンドアウトはこちら[PDF]

以下概要
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////
『インクルーシブなキャンパスづくりのための日米シンポジウム US-Japan Symposium: Toward an Inclusive Campus』

■ 概説:2019年10月15日に、マサチューセッツ大学ボストン校の地域インクルージョン研究所、AHEAD、自立生活センターSTEPえどがわ3者のパートナーシップによる、日米両国の高等教育の障害コミュニティにおけるセルフ・アドボカシーと自己決定に関するシンポジウムを開催いたします。シンポジウムでは、2部にわたる異文化間のパネルディスカッションと、日本の障害学生が描く個々の大学生活についてのデジタル・ストーリーを上映いたします。2020年東京パラリンピックに向け、日米の文化の違いが与える障害問題に対する意識や、取り組みについての対話と情報交換の促進を目指します。

本シンポジウムに関する主催者発表の概要(PDF)はこちらのリンクからご確認ください。
https://www.communityinclusion.org/inclusive_campus/imgs/project_abstract_2019_JP.pdf

■ 日時:2019年10月15日(火)9:30-16:30(受付開始9:00)

■ 場所:日本財団ビル(東京都港区赤坂1-2-2)

■ テーマ:
・ 障害コミュニティにおけるセルフ・アドボカシーと自己決定
・ 日米の障害者権利擁護に対する意識の違い

■ 参加費:不要

■ 申込方法:
1)日本語WEBサイト(https://forms.gle/MsBNyad9BMSNUtrM6
主催者ウェブサイトの申込フォームが英語版だけになっているため、⽇本語の申し込みフォームを京都⼤学「⾼等 教育アクセシビリティプラットフォーム(HEAP)」が設置し、受付業務の⼀部を代⾏しております。

2)英語WEBサイト(https://us-japan-symposium-toward-an-inclusive-campus.eventbrite.com
サイト内「Register」から申込み
※10月4日(金)17時を過ぎてからのお申込みは英語サイトのみになりますのでご了承ください。

■ 主催:マサチューセッツ大学ボストン校 (UMass Boston)地域インクルージョン研究所 (ICI)

■ 問い合わせ先:
Dr. Heike Boeltzig-Brown(プロジェクト・ディレクター):heike.boeltzig-brown[@]umb.edu
田那邊美和(プロジェクト・コーディネーター):miwa.tanabe[@]umb.edu
番園寛也(プロジェクト・コンサルタント):zono.b.hry[@]gmail.com
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////