2019.09.11

【協力事業】「第9回東海地区障害学生支援フォーラム」〈静岡〉を実施しました。

「第9回東海地区障害学生支援フォーラム」

日時:2019年9月10日(火)
主催:東海地区障害学生支援フォーラム、静岡大学
共催:ふじのくに地域・大学コンソーシアム、静岡県障害学生支援関係者会
協力:京都大学 高等教育アクセシビリティプラットフォーム
場所:静岡大学〈静岡県静岡市〉
参加者:東海地区 大学関係者 約150人

〈目的〉
「東海地区障害学生支援担当者会」から「東海地区障害学生支援フォーラム」に名を改めて、初めての集まりとなりました。
HEAPとして、第9回フォーラムのシンポジウムや分科会への講師派遣及びAT展示ブースの出展等の協力を行うことで、東海地区の地域ネットワークの更なる充実・発展に寄与することを目的としました。

〈得られた成果〉
 シンポジウム「障害のある学生のキャリア支援のこれから~静岡型連携システム構築 に向けて~」では、舩越特定准教授が司会を務め、産官学それぞれの立場からの話題提供および全体討論を取りまとめ、参加者に新しい情報を提供することができました。
 「分科会3:障害学生支援に関するグループコンサルテーション」では、舩越特定准教授がファシリテーターを務め、各機関の課題を共有し、どのように考えていけばよいのか方針を検討することができました。
 フォーラム中を通して開催しておりましたATライブラリーにも多くの方に足をお運びいただきました。少し立ち寄って触ってみる方、詳しい運用方法について尋ねる方、さまざまな層の方のお目に触れる機会を作ることができました。特に喫緊の課題が生じている方に対して、支援方法について具体的な事例や改善方法について助言させていただく機会になりました。

シンポジウムの様子

シンポジウムの司会を務めた舩越と指定討論を務めた近藤先生