2019.09.11

【研修支援】「北陸大学」〈石川〉にて研修講師を担当しました

研修テーマ:「障害学生の社会移行を考える ―修学支援から就労支援への展開」
日時:2019年9月11日(水)
場所:北陸大学〈石川県金沢市〉
担当:村田淳 京都大学准教授
参加者:北陸大学 教職員 約100名

<目的>
障害のある学生の修学支援と就労支援(キャリア教育のあり方を含む)について学び、社会移行に向けた支援の必要性を理解する。特に、障害学生に対する修学支援プロセスの重要性を理解し、また障害学生支援における修学支援から就労支援への展開について説明できることを目指す。さらに、社会移行支援の具体的な方策とその意義について理解することを目指す。

<得られた成果>
多くの教職員が参加して、大学における障害学生支援の根幹となる修学支援について、特に合理的配慮の判断やプロセスを情報提供できる機会となった。また、修学支援を通じた社会への移行の視点について情報提供して、その重要性などをお伝えする機会となった。さらに、就労支援に関する具体的な方法として、各種セミナーや個別相談会の可能性、インターンシップや学内外との連携事例など、様々な方法について情報提供する機会となった。