支援機器を使ってみたい

 支援機器は高額なものが多く、各機関で導入を検討しても、学生の支援ニーズに合致しているか、予算規模に適切な機材は何かなどの検討課題が生じて導入に踏み切れず、結果的に障害のある学生への修学支援の開始が遅れるといった事態が発生しています。
 そこでHEAPでは障害学生支援に使用する支援機器のライブラリを用意し、各機関に一定期間無償で貸し出す「リソースシェア」プログラムを実施しています。
 下記の手続きにて貸し出しすることができますので、必要書類にご記入の上お申し込みください。また、支援機器の試用は、予約制にてHEAP事務局にて随時可能です。ぜひご活用ください。
 なお、支援機器は他の機関に貸し出している可能性があるため、閲覧/貸出を希望される機器が決まっている場合は事前に貸出状況を事務局までお問い合わせください。

 

貸出中/貸出予定の機器
・レッツノート、エコスマートペン:7月22日(月)~8月2日(金)、支援方法の検討
・ブレイルメモスマート40:9月2日(月)~13日(金)、入試での使用
・HEAP事業で使用のため一部貸出不可:9月6日(金)~9月12日(木)
・ロジャーシステム、ノイズキャンセリングヘッドフォン:9月24日(火)~10月上旬

 

 

<貸出手順>
 国立大学法人京都大学物品貸付要領に則って、以下のフローで貸し出しを行います。お手数をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。
 ※機器の配送にかかる費用のご負担をお願いしております。
①【貸出申請】
 ・希望する機器が貸出可能か、HEAP事務局までメールあるいは電話でお問い合わせください。
 ・様式1(物品貸与申請書)[doc]原本をご提出ください(HEAP事務局宛 郵送)。
 ※様式1の右下の「使用責任者」については空欄のままご提出ください。
 ※京大本部で様式2(貸付許可書)で作成されます。学内手続きの都合上、貸出までに3週間程度のお時間をいただきます。
②【機器使用:~2週間】
 ・機器と様式2(貸付許可書)がお手元に届きましたら、様式3(借受書)[doc]原本をご提出ください(大学事務宛 郵送)。
 ・貸出期間は原則2週間までとしておりますが、それ以上を希望する場合はご相談ください。
③【返却手続】
 ・機器に関する感想等をご報告をお願いします(HEAP事務局宛 Mail等)。
  フィードバックシート(記入例)[doc]フィードバックシート(本紙)[doc]
  ※機器の破損及び紛失がございましたら併せてお申し付けください。

 

<支援機器リスト>
 HEAPで貸出ができる支援機器及び各支援機器の詳細は「支援機器リスト」[PDF]をご覧ください。